在来工法(木造軸組構法)

KEYWORD

在来工法(木造軸組構法)

ざいらいこうほう

柱・梁・筋交い(柱と柱の間に斜めに入れる材)など、木の「軸」を組み立てて建物を支える日本の伝統的な工法で木を利用した建築構造のひとつ。日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させたもの。木造枠組壁構法がフレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える構造であるのに対し、在来工法(木造軸組構法)では、主に柱や梁といった軸組(線材)で支える。設計自由度が比較的高い。

在来工法(木造軸組構法)に関連する記事一覧