住宅用語

外皮平均熱還流率(UA値)

がいひへいきんねつかんりゅうりつ

建物内外の温度差が1℃の場合の部位ごとの熱損失量の合計を外皮等の面積の合計で除した値。UA値が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高い。

外皮平均熱還流率(UA値)に関連する記事一覧