木造枠組壁構法

KEYWORD

木造枠組壁構法

もくぞうわくぐみかべこうほう

4面の耐力壁と床・天井で構成する6面体の箱型構造が基本となった住宅の工法。「2×4工法」(ツーバイフォー工法)や「2×6工法」(ツーバイシックス工法)といった北米系の輸入住宅に多い。壁パネルを工場で製造して現場で組み立てる「木質パネル工法」も含まれる。

木造枠組壁構法に関連する記事一覧