省エネルギー技術

KEYWORD

省エネルギー技術

しょうえねるぎーぎじゅつ

ドア・サッシ・換気扇・給湯・シャワー(持ち手)・照明・トイレ・浴室・キッチン等のほとんどの箇所に利用される建材・部材・器具等が省エネルギー対応のものができており、日進月歩の進化を遂げている。できるだけ最新の、省エネ対応のものを選択することで、住宅のランニングコストが抑えられるうえに、家自体が長持ちする可能性が高まる。

省エネルギー技術に関連する記事一覧