アトピー

KEYWORD

アトピー

あとぴー

アトピー性皮膚炎とはどのような症状か?

アトピー性皮膚炎とは、皮膚が炎症を起こしている状態です。
皮膚の病気とも呼ばれることもあります。
ときには痛みやかゆみを伴う場合もあります。

症状が慢性的になってしまうこともありますが、治療を継続することで症状が回復する場合もあります。

アトピー性皮膚炎の主な症状は、湿疹が体全体・もしくは体の一部に発生します。
かゆみを伴う場合が多く、皮膚状態も炎症の段階によって大きく変わります。

アトピー性皮膚炎の中でも、軽微〜重症まで四段階で分けられています。どの段階かによって治療の回数や薬の種類などが変わってきます。

また、常にかゆみや痛みを伴う場合でなくとも、発汗や衣服の刺激・化粧品による刺激など日常の様々な刺激によって、かゆみや痛みを引き起こし炎症を悪化させてしまう場合があります。

アトピー性皮膚炎になる原因はなにか

アトピー性皮膚炎の原因は様々ですが、主に内因性のものと外因性のものに分けられます。

アトピー性皮膚炎の原因①:皮膚のバリア機能の低下によるもの

内因性は遺伝からくるものです。元々の皮膚のバリア機能障害や免疫力の障害などから発症するものです。

皮膚のバリア機能に障害があることで、皮膚のバリアが弱まってしまい、自身の持っている水分が失われやすくなっています。

そのため、皮膚が乾燥を引き起こし、かゆみの伴う皮膚炎に繋がっていきます。

アトピー性皮膚炎の原因②:ダニなどのアレルギー素因やストレスなどの環境要因によるもの

外因性は環境が要因になっている場合です。アレルギー反応からアトピー性皮膚炎につながることが多く、その中でも代表的なのが食物のアレルギー、そしてダニやハウスダストでのアレルギー反応です。

また、ストレスなどが原因で皮膚炎を引き起こす可能性もありますがこれは非アレルギー因子と呼ばれ、若年層に多い要因となっています。

このように、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因は様々です。発症した年齢によって原因が分かれたり、いくつかの要因が重なることで発症する場合が多いです。

アトピーに関連する記事一覧