建ぺい率

KEYWORD

建ぺい率

けんぺいりつ


土地

建ぺい率とは、土地に対してどれくらいの広さの家が建てられるかを示す割合である。計算式としては、建築面積を敷地面積で割ったものとなる。

建築面積や敷地面積と言われても、いまいちピンとこないと思うので、図を使って説明しよう。

上図のように、土地の上に家が建っているとする。家をヨイショと真上に持ち上げて、影ができている部分の面積が建築面積になる。

都市計画法で定める用途地域に応じて建ぺい率がいくつになるかが異なる。例えば、第一種低層住宅地域という閑静な住宅街などが建つエリアでは、建ぺい率が比較的小さく、建ぺい率30・40・50・60の間で決める必要がある。さらに、ここという建ぺい率を、自治体が用途地域ごとに定めている。

例えば、高級住宅街としておなじみの東京都世田谷区では、第一種低層住宅地域における建ぺい率を40%で定めている。つまり、100㎡の土地があったとしても、実際に建てられる家はそのうちの40㎡しかないのである。建ぺい率が定められている主な理由としては、防火、日射取得、景観保護などの観点がある。

建ぺい率と容積率の詳細については、建ぺい率、容積率とはなにか?家を探す人が知っておきたい土地選びの基礎知識を参照いただきたい。

建ぺい率に関連する記事一覧