都市計画法

KEYWORD

都市計画法

としけいかくほう


都市計画法とは、日本で住みやすい街づくりを計画するために定められた法律である。都市計画法において、まちづくりを計画的に実施すべしと定められたエリアを都市計画区域という。

都市計画区域の中で、勝手にまちづくりを推進して良いわけではない。都市計画区域は、さらに市街化区域と市街化調整区域に分けられる。

市街化区域とは、すでに街づくりがなされている区域または概ね10年以内に市街化をすべきと定められた区域のことをいう。

一方、市街化調整区域は、市街化区域とは反対に市街化を積極的にすべきでないとする区域である。「調整」と聞くといまいちピンとこないかもしれないが、実質的には市街化「抑制」区域になる。

ここまで述べてきたことをまとめると、以下の通りである。

主に市街化区域では、さらに13の用途地域に分けられ、住宅の建築を促進する区域、スーパーなどの商業地域、工場の立地を促進する区域などの用途に分けられている(念のために断っておくが、用途地域が定められるのは市街化区域に限ったことではない)。

建ぺい率、容積率は、この用途地域ごとに何%にすべしということが定められている。
建ぺい率、容積率についての詳細は、建ぺい率、容積率とはなにか?家を探す人が知っておきたい土地選びの基礎知識を参照いただきたい。

都市計画法に関連する記事一覧