エコキュート

KEYWORD

エコキュート

えこきゅーと

エコキュートとはなにか?

エコキュートとはお風呂や台所など家庭で必要なお湯を全て賄うことができる、ヒートポンプ式の給湯機のことです。

ヒートポンプはエアコンにも使われている技術で、エコキュートもエアコンのように消費電力が少ないのが特長です。

電気料金が、昼間のおよそ半額になる夜間にお湯をつくるので、電気代も安くなります。

また、つくったお湯を貯めておくタンクにも特徴があります。このタンクは、中が魔法瓶のように断熱性が高いつくりになっているので、電気を過剰に使うことなくお湯を温かいままで保っておくことができるのです。

ちなみに、このタンクにためておいたお湯は、非常用水としても使えますよ。

ヒートポンプとはそもそも何か?

さて、いきなり出てきたヒートポンプというよくわからない言葉。

何のことだかさっぱりわからないですよね?
ヒートポンプのことをもう少し噛み砕いて説明しますね。

先ほども申し上げた通り、ヒートポンプの仕組みはエアコンとほとんど同じです。

まずは、空気中に含まれる熱が、ヒートポンプの中の熱交換器という場所に組み上げられます。その熱は冷媒の中に取り込まれ、圧縮機に運ばれます。圧縮機とは、冷媒を圧縮させたり膨張させたりできる装置のことです。

熱を持った冷媒は、圧縮機で圧縮されると、さらに熱くなります。(気体が液体に変わるときって熱を出すんですよ。理科の知識で「発熱反応」というのですが、まさに気体状態の冷媒が圧縮されて液体になるときに熱を出すのです)

こうしてさらに熱を持った冷媒が水に触れることによって、水が温められてお湯に変わるのです。

エコキュートと電気温水器はどう違うのか?

エコキュートとよく比べられるのが電気温水器です。電気温水器は、電気の力でタンクの中のヒーターを温めてお湯を沸かす仕組みになります。どちらもお湯を沸かす装置に変わりはないのですが、どのように違うのかを説明していきたいと思います。

エコキュートと電気温水器の違い①:お湯を温める仕組みについて

お気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、エコキュートと電気温水器で電気の使い道が全く違うのです。

エコキュートの場合には、電気は空気中の熱を汲みあげることに使われています。かたや電気温水器の場合、電気の力を熱自体を生み出すのに使われているのです。当然ながら、熱を生み出す方が電気を余計に必要としますから、電気温水器の方が電気代は高くなります。

エコキュートと電気温水器の違い②:エコキュートの方が電気代は安い

皆さんが一番気になるのが、この電気代ですよね。

お分かりかと思いますが、同じだけのお湯を使うのでも、エコキュートの方が電気温水器よりも電気代が安いです。

・そもそもそこまで電気エネルギーを必要としない(電気の使い道が熱を生み出すのに使われているわけじゃないから)
・夜間に稼働できるから

この2つの理由から、電気代が圧倒的に安くなります。

機種にもよりますが、エコキュートの電気代は電気温水器の半分くらいです。

エコキュートにもデメリットはある

エコキュートの良い面ばかりを取り上げてきましたが、エコキュートにもデメリットはあります。

エコキュートのデメリット①:屋外に設置場所の確保が必要

エコキュートを使うならば、屋外にそれ相応の設置スペースを確保しなければなりません。大型冷蔵庫ほどの大きさのある室外機のヒートポンプユニットと貯湯ユニットの両方を備え付けなければならないのです。

エコキュートのデメリット②:設置費用が電気温水器よりも高い

エコキュートの設置費用は、電気温水器の設置費用の2倍くらいはかかります。

初期の設置費用は高いですが、後々の電気代を考えるとエコキュートの方がお得になります。

エコキュートのデメリット③:使い過ぎるとお湯切れてしまう

エコキュートは基本的に、夜間の電力を使ってお湯を沸かす装置です。そのため、タンクに溜まっている分のお湯を使い切ってしまえば、その日はそれ以上お湯を使うことができません。

エコキュートに関連する記事一覧