ビーズ法ポリスチレンフォーム

KEYWORD

ビーズ法ポリスチレンフォーム

びーずほうぽりすちれんふぉーむ

いわゆる発泡スチロールのことである。魚を保冷する容器(魚箱という)に使われているのをイメージしていただきたい。魚箱のなかに魚と一緒に氷を入れておけば、数時間は魚を鮮度を保ったまま保存できるだろう。

原材料となるポリスチレン樹脂と発泡剤からなる原料ビーズを呼び発泡というプロセスで数十倍まで膨らませ、それをボード状の塊にしたのが断熱材として使われるビーズ法ポリスチレンフォーム(Expanded poly-styrene)である。


引用:EPS断熱建材総合サイト

発泡粒子の中に閉じ込められた空気によって、断熱性能を発揮することができる。

同じポリスチレン系の断熱材として、押出法ポリスチレンフォーム(XPS)がある。

関連記事:断熱材の種類・断熱材の選び方を徹底解説します

ビーズ法ポリスチレンフォームに関連する記事一覧