外断熱

KEYWORD

外断熱

そとだんねつ

外断熱とは何か

壁や屋根の外側から断熱材を取り付け、建物を断熱する工法を外断熱といいます。

外断熱で使われる主な断熱材としては、硬質ウレタンフォーム、押出法ポリスチレンフォーム、フェノールフォームなどのプラスチック系断熱材となります。

因みに、WELLNEST HOMEでは、断熱性に加えて防火も考慮して外断熱にロックウールを採用しています。

外断熱と内断熱の違い

外断熱は屋外側に断熱材を取り付けるのに対し、内断熱は屋内側に断熱材を取り付ける工法です。

内断熱は、断熱材が柱や間柱の隙間に入れられるため、軸組や構造材部分は全く断熱されません。一方、外断熱は、主に発砲プラスチック系断熱材を使用し、構造材の外側から断熱材を覆うので、柱や間柱、梁の部分も断熱されます。

また、壁の内側の空間が空くため、配管などのスペースを確保することができます。

WELLNEST HOMEでは、壁の内側にセルロースファイバーを充填すると同時に、外断熱としてロックウールを使用しています。断熱材のトータルの厚みが増すので断熱性も高まり、通気層も設けていないので気密性を高めることにもなります。

外断熱のメリット

外断熱のメリットには以下の2つがあります。

  • 施工が比較的簡単にできる
  • 隙間ができにくい

外断熱のメリット①:施工が比較的簡単にできる

断熱材を外側からくるむだけなので、施工技術がそこまで高くなくても、比較的簡単に高い断熱性能を発揮することができます。

内断熱の場合、柱と柱の寸法に合わせて断熱材をカットしなければなりません。断熱材のカット寸法が大きすぎても小さすぎても、断熱性能を損なうことになります。

外断熱のメリット②:隙間ができにくい

上記の要因により、内断熱に比べると隙間をつくることなく、断熱性能を発揮しやすくなります。

外断熱のデメリット

外断熱のデメリットは、以下の2つあります。

  • 内断熱よりもコストが高い
  • 断熱材の重みで外壁が垂れ下がる恐れがある

外断熱のデメリット①:内断熱よりもコストが高い

外断熱は、内断熱よりもコストが高くなりがちです。

外断熱のデメリット②:断熱材の重みで外壁が垂れ下がる恐れがある

断熱材自体の重みによって、外壁が垂れ下がる恐れもあります。そのため、外断熱で使う断熱材の厚みも限られてきます。

外断熱に関連する記事一覧