押出法ポリスチレンフォーム

KEYWORD

押出法ポリスチレンフォーム

おしだしほうぽりすちれんふぉーむ

ポリスチレン樹脂の中に細かな気泡を無数に混ぜ込んだ断熱材。押出法ポリスチレンフォームを略してXPS(eXtruded PolyStyrene)と呼ばれている。

ポリスチレンを発泡剤と一緒に押出機の中で混ぜ、押出機の外に押し出された直後に発泡して膨らむ。
これを一定寸法にカットしたものが施工現場へ出荷される。

同じポリスチレン由来の断熱材として、ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)がある。気泡がより細かく分散していることから、押出法ポリスチレンフォームの方がビーズ法ポリスチレンフォームよりも断熱性は高い。

関連記事:断熱材の種類・断熱材の選び方を徹底解説します

押出法ポリスチレンフォームに関連する記事一覧