F☆☆☆☆

KEYWORD

F☆☆☆☆

ふぉーすたー

F☆☆☆☆(フォースター)とはなにか?

F☆☆☆☆(フォースター)とは、ホルムアルデヒドの発散量のランクを示す等級のことです。(ランクづけについては次の章で説明しますね)

ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群の原因となる化学物質で、厚生労働省の指針値(0.08ppm)以下となるように定められています。

2003年7月1日に施行された改正建築基準法により、ホルムアルデヒドの建築材料としての使用が規制されるようになりました。今回お伝えするF☆☆☆☆(フォースター)のように、建築材料ごとにホルムアルデヒドの発散量と使用面積をランクづけするようになったのです。

ホルムアルデヒドの放散量が5μg/㎡h以下である場合、もっとも高いランクであるF☆☆☆☆を得ることができます。F☆☆☆以下の建材を使う場合、使える量が制限されるのですが、F☆☆☆☆ランクの建材には使用制限がなく、いくらでも使って構わないというルールになっています。

どのようにランク付けするのか?

一時間にどれくらいの量のホルムアルデヒドが建築材料から放散するかを測定します。その測定結果によって、以下のようにランク付けされます。

  • F☆☆☆☆:5μg/㎡h
  • F☆☆☆:20μg/㎡h以下
  • F☆☆:120μg/㎡h以下

「F☆☆☆☆の建材だから安心だ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。ホルムアルデヒドは建材に使われる化学物質のほんの一部に過ぎません。それらの化学物質まで規制しているわけではないのです。

F☆☆☆☆の対象となる内装建材

主な建材は以下です。

  • 木質建材
  • 壁紙
  • 塗料
  • 断熱材
  • 接着剤

自然素材のフローリングや塗料は、規制の対象外とされています。

F☆☆☆☆はどのように認定されるのか?

以下のいずれかの機関から1つ認定を受けることで、F☆☆☆☆マークを表示できるようになります。

  1. JIS(日本工業規格)
  2. JAS(日本農林規格)
  3. 国土交通大臣
  4. 各工業団体による認証

①JISで取得する

JIS(日本工業規格)は、工業製品を対象とした国が定めた規格です。製品がJISの定めた規格に当てはまる場合に、認定を受けることができます。

②JASで取得する

JAS(日本農林規格)は、農林水産省が管轄する、動植物を利用した製品を対象とした規格です。製品が法律に基づき定めた規格に当てはまる場合に、農林水産大臣からの認定を受けることができます。

③国土交通省の大臣認定を取得する

国土交通省に、建材試験センターなどの第三者機関で試験をし、そのデータを提出し、取得します。

④工業化自主基準の認定を取得する

多数存在する一般社団法人などの工業会(組合)に自主表示申請をすることで認定を受けることができます。試験を受けずに各工業会に書類申請するだけで認定を受けることができます。

F☆☆☆☆に関連する記事一覧