ユニットバス

KEYWORD

ユニットバス

ゆにっとばす

ユニットバスとはなにか?

皆さんは、「ユニットバス」と聞いてどんなものをイメージされますか?おそらくは「お風呂とトイレが一体になったバスルーム」を想像される方が多いのではないでしょうか?

しかし、これは「3点ユニットバス」といいましてユニットバスの種類の1つに過ぎません。

ユニットバスは、工場などで予め作っておいた天井・浴槽・床・壁などを、現場で組み立てるタイプの浴室のことをいいます。

現場で組み立てるだけで工事が終わるため、工期が短く、仕上がりにムラがないのが特長です。ユニットバスは、1964年の東京オリンピックのホテルの建設ラッシュに工期短縮のために開発されました。

ユニットバスと在来工法との違い

ユニットバスは、天井・浴槽・床・壁など全てをユニット化しておいて、現地に運んで組み立てるため工期が短く、質も一定です。さらに、防水性の高い素材を使用しているため湿気が浴室の外に逃げにくいので、住宅をカビや腐敗から守ることにもなります。

それに対して在来工法は、職人が床や壁にタイルを一枚ずつ貼っていくため工期に時間がかかってしまうのが難点です。職人の技術が悪い場合は、タイルの隙間から水が漏れるなどの問題が起きることがあります。

しかし、在来工法は手作業で作り上げるためデザイン性は高く、イメージに合わせて仕上げることができます。

ユニットバスのメリット

ユニットバスのメリット①:断熱性が高い

ユニットバスの断熱性が高い理由は、素材と構造です。ユニットバスに使用されることの多いFRP(繊維強化プラスティック)は断熱性が高い素材です。

また、浴室用につくられた部屋の中にユニットバスを組み立てるため、天井・壁・床が2重構造となり、その結果断熱性が高くなります。

更に、ユニットバスは天井・壁・床・浴槽の繋ぎ目が一体化しています。
そのため気密性が高くなり、室内が保温され、冬場も暖かく快適です。

ユニットバスのメリット②:浴室外への水漏れがしにくい

ユニットバスの床は一枚で作られているため繋ぎ目がなく、水漏れの心配がありません。

また、床の素材に使用されることの多いFRP(繊維強化プラスティック)は、耐水性はもちろん耐久性もあるため、ボートや貯水タンクにも使用されています。

ユニットバスのデメリット

ユニットバスのデメリット①:サイズが決まっている

規格にあるサイズの浴室しかつくることができず、変わった形のスペースには施工することができません。

住宅の間取りを考える時点で、規格に合ったサイズで浴室を設計をするようになります。

ユニットバスのデメリット②:デザインが決まっている

ユニットバスはデザインや素材が決まっており、その中からのみ選択できます。

また単調なデザインのものが多く、オリジナリティのあるデザインを求めるならば、ユニットバスよりも在来工法を選んだ方が懸命です。

ユニットバスに関連する記事一覧