RC造

KEYWORD

RC造

あーるしーづくり

RC造とはどんな意味か?

RCとは、柱や梁といった家の骨組みにあたる部分に、鉄筋と鉄骨を用いたものです。RCは、Reinforced Concrete(鉄筋コンクリート造)の略になります。

鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固め、柱や梁、床・壁をつくっていきます。

引張力(引っ張る力)に強く、圧縮強度(圧縮荷重に対する平米あたりの耐力)が低い鉄筋。

いっぽう、圧縮強度が高く引張力の弱いコンクリート。

鉄筋とコンクリートの両方の長所・短所を補い合いあった素材がRCです。

錆びやすく熱に弱い鉄筋をコンクリートで覆って酸化や熱から守り、鉄筋が引張力の弱いコンクリートの骨組みとなって支えています。

RC造と木造、S造の違いはなにか

W造(ウッド造)はいわゆる木造の意味です。
主な構造部分に木材を使用した建て方となります。

日本の住宅で一番主流な構造です。
RC造よりコストが安く、建築工期も短いです。

工法によっては耐震性・気密性・遮音性が悪く、耐火性が低いのが難点です。

S造(スチール造)は鉄骨造ともいわれ、木造と同じ工法で、柱部分に鉄骨を使用した構造となります。

同じS造でも、鋼材の厚みが6㎜以上のものを重量鉄骨構造、6㎜未満のものを軽量鉄骨造といいます。

住宅など規模の小さい建物には軽量鉄骨造、マンションやビルなどの規模が大きい建物には重量鉄骨が主に使用されます。

S造は主要材を工場で前もって組み立てます。
そのため、木造建築よりは高いですがRC造よりはコストが安く、建築工期が短いです。

木造と比べると鉄骨を使用しているぶん強度が高いので、柱を減らすことができ、デザインの幅も広がります。耐久性もあるので、住宅の寿命も長くなります。しかし、RC造と比べると、耐久・耐火・耐震とやや劣ってしまいます。

RC造のメリット

RC造のメリット①:耐火性が高い

コンクリートは燃えにくい素材のため、木造に比べて耐火性も高くなります。

RC造のメリット②:遮音性が高い

コンクリートは遮音性が高く、住宅の外の騒音はもちろん、屋内も隣の部屋や上の階の足音を遮音することができます。

ただし、壁や床に薄くコンクリートを使用しただけの工法の場合、遮音性はありません。

RC造のメリット③:寿命が長い

圧縮強度の高いコンクリートと引張力の高い鉄筋を使用しているため、地震に強く、住宅の寿命も長いです。

RC造のデメリット

造のデメリット①:建築のコストが高い

原材料が高く、建設の工程に手間がかかるため、木造・R造と比べてコストがぐっと上がってしまいます。

RC造のデメリット②:強固な地盤でないと重さに耐えられない

鉄筋とコンクリートでつくられているため重量が重く、強固なしっかりとした地盤が必要になります。

土地によっては地盤改良が必要となる場合があります。

RC造に関連する記事一覧