日射取得

KEYWORD

日射取得

にっしゃしゅとく


日射取得とはなにか?

日射取得とは、主に窓を通じて太陽光を室内に取り入れることで、特に寒さの厳しい冬に、暖房だけに頼らずに太陽光の力で部屋の中を温めることです。

壁や床に太陽の光が当たると、壁や床の表面温度が上がり、家の中も暖かくなります。

また、日差しを直接浴びても身体がぽかぽかと温まります。
寒い冬でも、晴れた日に外で日向ぼっこをすると、温かくて気持ちがよいですね。

日当たりのよい部屋の方が温かい
窓際で日差し浴びると身体が温かくなる

こういったことは日々の生活の中で、皆さんも直感的に感じることではありませんか?
窓からどれくらいの量の太陽光を取り入れるかによって、室内で感じる温度に大きな影響を与えるのです。

単純に考えれば、窓を大きくすることによって、そのぶん大量の太陽光を部屋の中に入れることができます。しかし、ことはそこまで単純ではありません。

窓を大きくすれば冬は温かいかもしれませんが、逆に夏は暑すぎて部屋の中が蒸し風呂のような状態になってしまいます。

そこで、冬は積極的に太陽光を取り入れつつ、夏は部屋にできるだけ日差しが入らないようにする家の設計が必要になります。それが次に説明するパッシブデザインになります。

日射取得のパッシブデザインにおける位置付け

エアコンなどの機械に頼らず、太陽エネルギーや風など「自然の中にあるもの」を受け入れ、快適な生活環境にするための家の設計をパッシブデザインといいます。

パッシブデザインを直訳すると「受け身の設計」になりますが、自然の力を受動的に受け入れるという意味になります。

パッシブデザインを実現する上で、日射取得はとても大事です。

太陽光エネルギーは地球上でもっとも大きなエネルギー源となります。
その量は、全人類が一年間に使用するエネルギーの10万倍以上にも及びます。

このエネルギーを活かさない手はないと思いませんか?

省エネルギーかつ快適な住宅づくりをするためには、軒(のき)や庇(ひさし)、方位や窓の位置など、日射取得を意識した設計をする必要があります。

日射取得と日射遮蔽の関係

日射取得を行うことは、寒い冬に暖房に頼らずに部屋を温かい環境にする上で大事になります。しかし、太陽の光をむやみに部屋の中に入れるだけでは意味がありません。

ただでさえ暑い夏に、部屋の中に日差しが一日中差し込んでいたとしたら、どうなってしまうでしょうか?

先ほども申し上げた通り、部屋の中が蒸し暑くて地獄のような環境になります。

寒い冬においては、太陽エネルギーを効率的に室内に取り込む(日射取得)が必要です。

太陽エネルギーを室内に取り込めば取り込むほど、部屋の中の温度は上がり、温かくなります。その分、快適に過ごせますし、暖房エネルギーコストを削減することができるのです。

いっぽう、暑い日本の夏においては、逆に日差しができる限り入らないような設計上の工夫が必要になります。これを日射遮蔽といいます。

日射遮蔽を効果的におこなうことで、暑い夏でも冷房に頼らずに室内を涼しく快適に保つことができます。

パッシブデザインの具体的なやり方

夏は涼しく冬は暖かい家を実現するならば、夏の日射遮蔽と冬の日射取得を両立しなければなりません。

一見難しそうに感じられますが、方法はいたってシンプルです。

  • 建物の向き
  • 庇(ひさし)と軒(のき)の長さ

これらを家のデザインに反映すればよいのです。

太陽の昇る高さは、冬は低くて夏は高くなります。
この自然法則をうまく逆手にとり、窓の上に庇を設けておけば、庇が太陽光を遮ってくれます。

庇の角度や長さを考慮すれば、冬は太陽の高度が低いことから日差しを積極的に部屋に取り入れることができます。

上記以外のやり方として、外付けブラインドの設置も効果的です。
外付けブラインドとは、窓の外側に設置するブラインドであり、ブラインドの角度を自動で変えて日射取得量を調整することができます。プライバシー保護や風通しの確保、窓周りの断熱性アップといったメリットもあります。

また、軒や庇を後から変更することはできませんが、外付けブラインドであれば、後付けも可能です。

日射取得に関連する記事一覧