トリプルガラス

KEYWORD

トリプルガラス

とりぷるがらす

ガラスを3枚重ね、ガラスとガラスの隙間にアルゴンガスのような不活性ガスを充填することで、窓の断熱性を高める窓ガラスの仕様である。ガラスとガラスの間に充填したガスが、断熱材としての役割を果たしている。窓ガラスをトリプルガラスにすることによって、断熱性能だけでなく遮音性能も高めることができる。

窓のような開口部は、熱が一番逃げやすい箇所であり、日本国内でももっとも普及している窓の熱貫流率(Uw値)は4.65W/㎡・Kである。一方、WELLNEST HOMEでは、トリプルガラスの樹脂サッシを採用することによってUw=0.78W/㎡・Kという世界トップクラスの断熱性能を実現している。

関連記事:窓の正しい結露対策!工務店・住宅メーカーでは教えてくれない結露に強い窓設計

トリプルガラスに関連する記事一覧