ウレタンフォーム

KEYWORD

ウレタンフォーム

うれたんふぉーむ

ウレタンフォームとはどのような断熱材か

ウレタンフォームは、ポリイソシアネートとポリオールという成分を、発泡剤や触媒などと一緒に混ぜてできた断熱材です。

押出法ポリスチレンフォーム(XPS)やビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)と同じように、ウレタンの樹脂の中に含まれる無数の気泡が、断熱性能を高めることに寄与しています。

ウレタンフォームの種類

ウレタンフォームには以下の2種類があります。

  • 現場発泡系ウレタンフォーム
  • 硬質ウレタンフォーム

もう少し詳しく見ていきましょう。

現場発泡系ウレタンフォーム

現場発泡系ウレタンフォームは、スプレーで吹き付けるタイプのウレタンフォームとなります。

このタイプのウレタンフォームの良い点は、壁の中に隙間なく施工ができることです。

他の断熱材と異なり、家の伸縮や振動に弱く、割れや痩せによる隙間や、へこみによる断熱性能の劣化する可能性が高いです。

硬質ウレタンフォーム

硬質ウレタンフォームは、他のプラスチック系断熱材と同じように、ボード状の断熱材となります。施工箇所に合わせて硬質ウレタンフォームをカットしてはめ込みます。現場発泡ウレタンフォームと比べれば、隙間なく施工するのが難しいですね。

ウレタンフォームにはシックハウスの心配がないのか?

シックハウス症候群の問題として取り上げられることの多いホルムアルデヒドという化学物質。ウレタンフォームは、ホルムアルデヒドの揮発量の極めて少ない断熱材です。

放出されるホルムアルデヒドの量に応じて、建築材料として使える量が制限されるのですが、ウレタンフォームの場合にはF☆☆☆☆(フォースター)という一番高い等級であり、使用の制限を受けることがありません。

ちなみに、F☆☆☆☆(Fフォースター)はJIS(日本工業規格)が制定したランクです。

一時間にどの程度の量のホルムアルデヒドが建築材料から放散するかを計り、以下のようにランク付けされます。

  • F☆☆☆☆:5マイクロg/平方m/h以下
  • F☆☆☆:20マイクロg/平方m/h以下
  • F☆☆:120マイクロg/平方m/h以下

簡単にいえば、ホルムアルデヒドの発散量の少ない材料に対して、星の数の多いランクがつけられるということです。

ウレタンフォームにはこんなデメリットがある

ウレタンフォームのデメリット①:調湿性がない

調湿性はほとんどなく、湿気を通しやすいので、コストダウンで防湿層の施工を省くと寒冷地では壁体内結露リスクがあります。

ウレタンフォームのデメリット②:燃えると有毒ガスが発生する

ウレタンフォームが燃えると、有毒ガスであるシアン化水素を発生します。これは断熱材として使う上で大きな欠点でもあります。

実際に、東京都内のオフィスビルで火災が起きて、5人の死亡するという事件もありました。鉄骨の切断作業中に、ウレタンフォームに火花が引火したとのことでした。

朝日新聞DIGITAL「床の隙間に火花、階下の断熱材に引火 多摩ビル火災」

ウレタンフォームに関連する記事一覧