WELLNEST HOME

代表メッセージ

株式会社WELLNEST HOME
代表取締役
芝山さゆり

WELLNESTの使命

WELLNESTとはWELL「良い」とNEST「巣」、WELNESS「健康であり続ける」を合わせた造語で、健康的な良い巣作りを応援したいという想いが込められています。

ウェルネストホームは、建築・住宅・エネルギー・環境のプロたちが大量生産大量消費の家づくりに疑問を持ち、「日本の家づくりのあるべき姿」を目指して生まれた企業です。

材料を選び抜き、職人の腕を磨き、手間を惜しまず工業製品ではたどり着けない品質に仕上げ、快適性と健康、長寿命、経済性、美しさを兼ね備えた住宅を提供することを誓った企業です。

芝山さゆりの原点

私、芝山さゆりは元教師であり、元専業主婦です。家づくりに関しては素人同然でした。そんな私がなぜ最先端住宅メーカーの代表になるに至ったかを少しお話させていただきたいと思います。

私は自分の可能性を引き出してくれるピアノの先生との出会いにより、ピアニストを目指していました。しかし、現実の厳しさを目の当たりにし、ピアニストになるという夢を諦め、音楽の教師を目指しました。

そして、私は小学校の教員になり、障がい児や多動症のお子さんの教育に携わるようになりました。教師が学び続けなければ教える資格はないと思い、世界で初めて保育施設を作ったイタリアの女性医学博士であるモンテッソーリの教育法を頭に叩き込むなど、気になったものは文献を調べ、教育の現場に活かしていきました。得意の音楽を使って、子どもたちの可能性を引き出す教育の素晴らしさと面白さを教えてもらいました。

結婚、出産、再スタート

結婚をきっかけに退職し、2人の子どもを授かり、子育てに専念していました。子育ては素晴らしく、たくさんの幸せと学びを与えてくれました。

そんな折、主人の仕事関係の方から「あなたは人を動かす力があるのに、家にこもっているのはもったいない」と言われたことがありました。主婦をしていたことに不満があったわけではないのですが、社会に貢献できるならやってみたいという気持ちもあり、主婦をやりながら、ちょうど普及し始めた携帯電話の代理店を始めました。いつか教育の世界に戻った時にも役立つ経験になるはずという思いでした。

お客様を喜ばせること

そこから私の人生は大きく変わり始めます。携帯が「0円」で配れていた時代ですから、知り合いに勧めると次々に広がっていきました。インターネットでの代理店業務も始め、全国に400店舗ほど展開するようになりました。

ビジネスの基本は「お客様に喜んでいただけると確信をもてる商品・サービスを扱うかどうか」が重要だと学びました。

2008年に株式会社インパクトを設立し、自分が学び、実践し、培ってきた教育論で企業および社会のリーダー育成に取り組んできました。また、主婦をしてきた経験からお母さんを教育する必要があるということも感じていたため、全国のお母さんを支援するWebサイト「お母さんの心得」も運営し始めました。ちなみに、お母さんの心得Facebookページは始めて2年半で約20万人のいいね(2017年4月現在)を集めるに至りました。

早田宏徳との出会い

全国を講演活動などをしながらまわっている中、1,500名ほどの前で話す機会をいただきました。登壇者は私の他にも6名ほどいました。その内の1人が後に共にウェルネストホームを立ち上げることとなる早田宏徳でした。

お互いの講演を聴いた私たちは自分とは全く違うタイプの相手に興味を持ちました。早田は一言で言うと住宅マニアでした。そして、地球の未来と子どもたちの将来を真剣に考える熱い男でした。

早田はエネルギー先進国で住宅に関しては世界で最も進んでいるドイツに何度も通い学んでいました。そして、学んだ知識を日本の家づくりに活かしたいと考えていたタイミングでした。

早田の話を聞いて、地球環境に配慮した家は、家族の健康にとっても良く、省エネルギーかつ長寿命住宅なため、長い目でみるととても経済的な家だということがわかりました。同時に日本に普及していない理由は、日本の家づくりに関わる人たちが大手のハウスメーカーやディベロッパーの人たちでさえも不勉強であることだ、と知りました。

住宅素人の元専業主婦が最先端住宅メーカーの代表になる

早田も、私が教育に熱い情熱を持っていることに興味をもち、「一緒に会社を立ち上げよう」と誘ってくれました。しかし、私はこれまで住宅に関わってきたことのない素人です。さすがに「自分は力になれない」と断りましたが、誘いつづけてくれる早田の情熱に押され、申し出を受けることにしました。

早田と共に、住宅メーカーや住宅工務店、家づくりに関わる職人たちに向けて教育するコンサルティング会社を経営していく中で、自分たちがやって見せないといけないと思い、2012年にウェルネストホームの前身となる「低燃費住宅」を立ち上げました。

ウェルネストホーム代表としての決意

そして、私たちは「売れる家ではなく、良い家をつくる」ということを使命とし、2017年4月に株式会社WELLNEST HOME(ウェルネストホーム)に社名を変更し、再スタートを切りました。専門家が持論を押し付けるのではなく、家族の巣を守るお母さんの立場で家づくりをしたいと思いました。そのため、住宅素人で元主婦の私が代表を務めることになりました。

まだまだ、力及ばないところが多々あります。ですが、教育者として多くの人に知ってもらいたい大切な情報を知ってしまった以上は、きちんと世の中に届けていきたいと思っています。

私は「良い家こそが上質な人生を追求する」と信じています。良い家をつくるのに必要なことに取り組み、必要のないことを捨てる本質的な家づくりに真剣に取り組んで参りますので、ぜひ注目していただけましたら幸いです。お読みいただきありがとうございました。

株式会社WELLNEST HOME 代表取締役
芝山さゆり

創業者メッセージ