柾目

KEYWORD

柾目

まさめ



引用:Re:CENO

柾目(まさめ)とはなにか?

柾目とは、家具の模様としておなじみの木目(もくめ)の種類のことです。

木目の種類には、柾目(まさめ)と板目(いため)の2種類があります。

木目とは、丸太を切断したときに現れる切断面の模様になります。
丸太をどこで切断するかによって、模様が2つに分かれます。

ど真ん中で丸太を切断すると、切断面は縦方向にまっすぐな模様が現れます。これが柾目(まさめ)です。

一方、ほかの場所で切断すれば、不規則な模様が現れます。これが板目(いため)です。

柾目と板目の違いはなにか?

柾目と板目の違い①:板目と違ってまっすぐな模様であること

柾目は真っ直ぐ平行で板材の模様も均一なのに対し、板目は山形や波・渦巻き模様など一枚一枚個性のあるランダムな木目をしています。

どちらも美しいデザインで、フローリングや壁などのインテリアとしても使用されます。

柾目と板目の違い②:板目よりも値段が高い

柾目は木の中心部からしか取ることができず、希少価値が高いぶん値段も板目に比べて高めです。

逆に板目は若い木からも取ることができるので、柾目よりリーズナブルです。

柾目と板目の違い③:調湿機能がある

柾目は調湿量が大きく、たくさんの水分を吸ったり吐いたりしてくれます。
そのため、柾目は古くから書類や食品の保存箱として使われていました。

逆に、板目は柾目と違って水分を通しません。

板目のメリット

板目のメリット①:木目が美しい

真っ直ぐきれいに流れる木目が美しく柾目は、すっきりとしたデザインの部屋に仕上げたい場合のインテリアとしても使用されることが多いです。

また、日本では古くから柾目の木目が好まれており、4本とも柾目を使用した和室は四面柾と呼ばれ、和室の最高級とされています。

柾目のメリット②:収縮や反りが出にくい

木の中心を通って切断されるため収縮差が小さく狂いが少ないです。

板目のように水分からくる収縮や反りがでにくいのもメリットとなります。

柾目のメリット③:希少価値の高い素材である

柾目は木の中心を通る直径方向の線ででカットするため、一本の木からとれる数が限られており希少価値がある木材です。

柾目のデメリット

柾目のデメリット①:強度が弱い

木材は生えている方向、縦方向には強く、横方向に弱いです。
木目に沿って縦に真っ直ぐカットしている柾目の強度は弱くなります。

柾目のデメリット②:希少価値が高いゆえ値段も高い

希少価値が高く美しさもある点から、板目に比べると3倍近く高いです。

また、柱となると高樹齢の大径木からしか取ることができないため更に高価になります。

柾目に関連する記事一覧