24時間換気設備

KEYWORD

24時間換気設備

にじゅうよじかんかんきせつび

その名の通り、24時間ずっと家の中を換気し続ける設備のことである。シックハウス対策のため2003年(平成15年)から新築住宅に常時換気(24時間換気)が義務付けられた。居室で0.5回/h以上、つまり二時間に1回のペースで家中の空気を全部入れ替えることが必要になる。

24時間換気を行うにあたり、給気側(外の新鮮な空気を室内に入れる)と排気側(室内の汚れた空気を外に吐き出す)の両方を備付ける必要がある。給気と排気の方式に応じて、第1種換気方式、第二種換気方式、第三種換気方式の三種類の換気システムがある。

換気システム

給気と排気の両方で換気扇を使う第一種換気方式が、換気方法としてもっとも理想であるが、室内の気温が変化してしまう点に注意しなければならない。例えば、夏場であればエアコンで冷やした室内の空気が、換気によって吐き出されてしまう。

ウェルネストホームでは、熱交換換気システムを採用しており、新鮮な外気を室温に近い状態で給気することができる。

24時間換気設備に関連する記事一覧