湿潤養生

KEYWORD

湿潤養生

しつじゅんようじょう

家の基礎で使われるコンクリートから水分が失われないように、コンクリートに対して保温・保湿のための養生を施すことを湿潤養生という。

コンクリートの強度は、水とセメントが水和反応することによって高まる。セメントの種類によるが、湿潤養生の期間としては3日〜10日は必要となる(下表を参照)

ウェルネストホームでは、常に水を散水して基礎を水没させる、「湛水養生」という基礎養生を行い、コンクリートの水和反応を促進させている。

湿潤養生に関連する記事一覧