高気密高断熱住宅は温度差が小さい!得られるメリットや健康への影響

高気密高断熱住宅は温度差が小さい!得られるメリットや健康への影響

上天神の家

こんにちは!高性能な注文住宅を手がけるハウスメーカー「ウェルネストホーム」です。

高気密高断熱住宅ではない家では、玄関や北側の部屋は寒かったり、2階の部屋は暑かったりと、同じ家の中なのに部屋によって温度差が生じることがあります。

「日当たりが違うのだから、ある程度の温度差が出来てしまうのは仕方がないのでは?」と思われる方もいるかと思いますが、家という1つの空間の中で温度差が生じると体に大きな負担がかかり、中にはヒートショックを起こしてしまう危険性もあります。

今回は、「本当の」高気密高断熱住宅の家の中の温度差はどのくらいなのかを解説。
温度差が抑えられる原理や、温度差が抑えられることによるメリットについてもご紹介します。

高気密高断熱住宅だと温度差が小さい?

高気密高断熱住宅とは、気密性・断熱性がともに優れている住宅のことです。

気密性とは、家の中のすき間がどれだけあるかを示した指標です。
家の中のすき間が小さければ小さいほど気密性は高くなります。

そして、断熱性とは家の中の熱が外へ逃げにくく、家の外からの熱も中に入りにくいことを示す指標のことです。

空気は一定の気圧を保とうとする性質があるため、家の中から空気が逃げると、同じ量だけ外から家の中に空気が入ってきます。

たとえ良い断熱材を使っていても、家の気密性が低ければ熱はそこからどんどん逃げていき、逆に外からの熱が流入してきます。

したがって、高気密と高断熱はセットで考える必要があります。

気密性と断熱性がともに優れている高気密高断熱住宅であれば、外からの熱の影響を受けにくく、家の中の熱も逃がしにくくなり「冬は暖かく、夏は涼しい家」になります。

「高気密高断熱」は、多くの住宅メーカーがセールスポイントとして打ち出しており、聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

しかし、実は高気密高断熱住宅の明確な定義は無く、住宅メーカー独自で「高気密高断熱」の基準を設けているのが現状です。

そのため、高気密・高断熱と呼べるレベルを満たしていない住宅にも関わらず「高気密高断熱」とうたっている住宅メーカーもあるのです。

そのような住宅では家の中に温度差が出来てしまい、廊下に出たらひんやりする、脱衣所と風呂場の温度差が大きいといった状態に。
こんな住宅は高気密高断熱とは言えません。

高気密高断熱にこだわるウェルネストホームでは、居室間の温度差は2 ℃前後。
1階でも2階でも、南向きでも北向きでもほとんど変わらない温度になります。
高気密高断熱だからこそ、寒い冬でもエアコン1台で家を丸ごと暖めることもできるんです。

高気密高断熱住宅の噂の真偽やメリット・デメリットについては「高気密高断熱は息苦しい?気密性のメリットとデメリットを大公開」で詳しくお話ししていますので、ご参考ください。

高気密高断熱住宅として満たしておくべき基準について、ウェルネストホーム創業者・早田が詳しく解説しています。

温度差を抑える高気密高断熱住宅のメリットとは?

温度差を抑えることができる高気密高断熱住宅が持つ、メリットを2つご紹介します。

①1年中室温が安定し、冷暖房代を抑えられる

高気密高断熱住宅は、冬は家の中の暖められた空気、夏は家の中の涼しい空気が外へ逃げにくいため、冬は暖かく夏は涼しく過ごすことができます。

エアコンは温度を上げたり下げたりするときにエネルギーを要します。
そのため、温度差が少なければ暖めたり冷やしたりする温度の幅と回数が少なくなるので、冷暖房にかかる電気代が少なくなります。

②ヒートショックの危険性が少ない

ヒートショックとは、住宅内の急激な温度変化によって、血圧が乱高下したり脈拍が変動する現象のことです。
住宅内の温度差が小さければヒートショックの危険性は小さくなります。
ヒートショックについては次のブロックで詳しく解説します。

急激な温度差が引き起こすヒートショックとは?

植田の家

ヒートショックとは、温度の急激な変化によって血圧が急に上下する現象のことで、心臓や血管の疾患を引き起こすリスクがあります。

ヒートショックが起こりやすい場面には以下のようなものがあります。

  • 暖かい布団から寒い廊下に出る
  • 寒い脱衣所から暖かい浴室に入る

冬によくある場面として「暖かいリビングから寒い廊下に出て寒い脱衣所に入り、衣服を脱いで暖かい浴室に入り暑い湯船に浸かる」という流れがあります。

しかし、この一連の流れの中で体の中では血圧が乱高下を繰り返しており、大変危険な状態になっています。

ヒートショックによる死亡者は交通事故の死者数を上回るというデータもあり、家の中の温度差が大きいことは命にかかわる大きなリスクであることが分かります。

ヒートショックの危険性については「ヒートショックとはなにか?交通事故の2倍の命を奪う冬の凶器の原因と対策」でもご紹介していますので、ご参考ください。

また、ウェルネストホーム創業者・早田が、YouTubeでヒートショックの問題について語っていますので、ぜひご覧ください。

家の中の温度差が小さい高気密高断熱住宅は健康な暮らしを守る

高気密高断熱住宅とは、気密性・断熱性がともに優れている住宅のこと。
家の中の空気が逃げにくく、外からの空気の流入も防ぐため、冬は暖かく夏は涼しく、1年中気持ちよく過ごすことができます。

多くの住宅メーカーが高気密高断熱住宅をうたっていますが、実は明確な基準が設けられておらず、高気密高断熱住宅としての実態が伴っていないものも多いのが現状です。

高気密高断熱住宅のメリットには、1年中快適に過ごせることのほか、冷暖房費が抑えられること、ヒートショックのリスクを減らすことが挙げられます。

ヒートショックは冬に起こりやすく、温度の急変化により血圧が乱高下し、心臓や血管の疾患を引き起こす現象のこと。
なんと交通事故よりも死亡者が多いというデータもあります。

快適な住まいの条件である「高気密高断熱」の家なら、ウェルネストホームにぜひおまかせください!

contact
お問い合わせ / 資料請求

気になることはなんでもご質問ください。
納得いくまでお答えいたします。

24時間受付
お問い合わせフォーム

首都圏エリア 03-6268-8800

電話で問い合わせる

東海・北陸エリア 0120-146-991

電話で問い合わせる

近畿エリア 0120-810-490

電話で問い合わせる

会社代表電話 0120-146-991
上記以外のエリア、その他はこちら
9:00〜18:00 毎週水曜/木曜定休日

電話で問い合わせる