気密測定

KEYWORD

気密測定

きみつそくてい

家の気密性能を測定することである。送風機を使用して家の中の空気を外に吐き出し、そのときの室内外の気圧の差を測定することで、家の中にどれだけの隙間があるかを測定する。この測定方法は、JISによって規定されている。

気密性の低い家だと、送風機を回すとすかさず外の空気が家の中に入り込んでくるので、気圧の大きな変化はない。一方、気密性が高いと、家の中の気圧が低くなる。

このように、送風機で外に吐き出した空気の量と気圧の変化を見ることで、気密性能を計算することができる。

ちなみに、気密性能の指標はC値(隙間相当面積)であり、家の中の隙間の総面積を外皮表面積で割ったものである。

気密測定に関連する記事一覧