外皮平均熱還流率(UA値)

KEYWORD

外皮平均熱還流率(UA値)

がいひへいきんねつかんりゅうりつ

外皮(屋根・床・窓・壁をひっくるめて外皮と呼ぶ)の断熱性を評価するための指標として使われており、UA値と呼ばれている。

建物内外の温度差が1℃の場合の、部位ごとの熱損失量の合計を外皮の表面積で割ったものがUA値である。したがって、U値の単位は、W/㎡・Kで表される。日本においては、平成25年から断熱性の基準としてUA値が採用されるようになり、それまではQ値(熱損失係数)が基準であった。

UA値が小さいほど、その家の断熱性は高いということになる。
日本においては、地域によって住宅に求められるUA値の基準は異なる。もっとも寒い地域である北海道においては、UA値の基準0.46W/㎡・Kとなっている。

外皮平均熱還流率(UA値)に関連する記事一覧