住宅用語

耐震

たいしん

住宅・建築物が地震に対して、主要な構造体そのものの強度を向上させることで破壊や損傷を防ぐこと。建物の利用中に数回起こる可能性のある中規模の地震に対しては大きな損傷はなく、一度起こるか起こらないかの大地震に対しては居住者の生命を守る(倒壊しない)ことを目標としている。基礎・柱・壁・はり・接合部の耐震仕様、屋根の軽量化で対応する。また耐震仕様であってもシロアリ被害があると強度は損なわれるため、木造部分のシロアリ対策も重要視されている。

耐震に関連する記事一覧

2020年の省エネ義務化問題!【住宅の資産価値が激減!?】

3年後の2020年に「住宅の省エネ基準の義務化」が予定されています 実はこの2020年問題を知らないと、せっかく建てた住宅の資産価値が激減する危険性があるのです 35年の住宅ローンを組んだのに、僅か数年で違法建築扱いされ […]