WELLNEST HOME

良い家は快適な暮らしがある

良い家づくりとは快適な空気が
デザインされている家づくり

蒸し暑い夏でも家の中は涼しく、
風雪にさらされる冬でも
家の中は暖かい
家の中どこにいても
一定の室温と湿度で
ストレスが無く、ぐっすり眠れる

だから良い家づくりをすれば
快適な暮らしをおくれる

1

夏は涼しく、冬は暖かい

快適さを最も左右するのが、温度と湿度です。

どんなに豪華な家でも、有名デザイナーが手がけたお洒落な家でも、暑かったり、寒かったりすると一瞬にして不快になります。

一般的に私たちが最も快適に過ごせる環境は、夏は室温26℃前後、湿度50%前後、冬は室温22℃前後、湿度50%前後と言われています。

良い家とは、外部の環境に関係無く、冷暖房の力をほとんど借りずに、快適な室温と湿度を1日中キープできる家です。

寒さも暑さも、ジメジメも乾燥とは無縁の家です。

夏も布団をかけてぐっすりと深い眠りに入ることができ、冬の朝もスッキリと起きることができるのです。

2

家中のどこにいても同じ温度と湿度

家の中のどこにいても、例え、玄関でも、お風呂場でも、家中が一定の温度と湿度であるということは非常に快適なことです。

冬にリビングや寝室は暖かくしても、脱衣所で服を脱ぐのに抵抗感があったり、お風呂からあがるのに勇気がいるという経験はないでしょうか?

夏にエアコンをガンガンにつけたリビングは涼しくても、部屋を一歩出ればモワッと蒸し暑く、二階は居心地が悪いという経験はないでしょうか?

温度差が全く無い快適な家とは、冷暖房の力をほとんど借りずに、玄関であれ、お風呂場の脱衣所であれ、北側の部屋であれ、ロフトであれ、家の中の全ての場所が一定の温度と湿度に保たれた家です。

電気代を気にせず家中のエアコンや暖房を付けたとしても、熱の逃げてしまう家では家中を一定の温度と湿度に保つことはできないのです。

3

音に振り回されない暮らし

快適な暮らしに欠かせないにもかかわらず、見過ごされがちなのが「防音性」です。

騒音によるストレスはあなどれません。家の外から、車やバイクのエンジン音、工事現場の音。就寝時だけではなく、昼間であっても一度気になりだすとイライラのもとになってしまいます。

また、防音性が高いということは自分たちが音を出しても外への音漏れを気にする必要がありません。楽器の演奏も、子どもの鳴き声も、隣近所に音が漏れることを気にする必要がありません。

防音性に優れた良い家は、私たちに落ち着きと安らぎを与えてくれるのです。

4

暖かいぬくもりと寝転がりたくなる触り心地

床材に使われている無垢材が持つぬくもりと滑らかな触り心地は、想像を超えて私たちを快適にします。

せっかくの木の感触を味わおうと、素足になると床の冷たさは不快感を生みます。温かい木の家では子どもが素足になりたがり、床の上でゴロゴロし始め、いつまでもお昼寝をして帰ろうとしません。

柔らかく適度にしなる床材は、足への衝撃を和らげる作用があり、快適さには欠かせないのです。冷気は重く下へおりるため床が冷えるのは仕方ないと諦める必要がありません。

5

家造りで最もこだわってほしいのは「快適さ」

住宅は人生で最も長い時間を過ごす場所です。

夏は涼しく、冬は暖かい。どの部屋に行っても心地よい温度で、ジメジメも乾燥もしていない。喧騒を忘れ、落ち着ける静かさがある。裸足が気持ちよく、寝転がりたくなる床。

こうした決定的な違いが良い家にはあります。
良い家には快適な暮らしがあるのです。