良い家は快適な暮らしがある | WELLNEST HOME

よい家は
快適な暮らし
がある

よい家づくりとは快適な空気がデザインされている家づくり。蒸し暑い夏でも家の中は涼しく、風雪にさらされる冬でも家の中は暖かい。家の中どこにいても一定の室温と湿度でストレスがなく、ぐっすり眠れる。だからよい家づくりをすれば快適な暮らしをおくれる。

'

夏は涼しく、冬は暖かい

夏は涼しく、冬は暖かい

快適さを最も左右するのが、温度と湿度です。

どんなに豪華な家でも、有名デザイナーが手がけたお洒落な家でも、暑かったり、寒かったりすると一瞬にして不快になります。

一般的に私たちが最も快適に過ごせる環境は、夏は室温26℃前後、湿度50%前後、冬は室温22℃前後、湿度50%前後と言われています。

良い家とは、外部の環境に関係無く、冷暖房の力をほとんど借りずに、快適な室温と湿度を1日中キープできる家です。

寒さも暑さも、ジメジメも乾燥とは無縁の家です。

夏も布団をかけてぐっすりと深い眠りに入ることができ、冬の朝もスッキリと起きることができるのです。

家中のどこにいても
同じ温度と湿度

家の中のどこにいても、例え、玄関でも、お風呂場でも、家中が一定の温度と湿度であるということは非常に快適なことです。

冬にリビングや寝室は暖かくしても、脱衣所で服を脱ぐのに抵抗感があったり、お風呂からあがるのに勇気がいるという経験はないでしょうか?

夏にエアコンをガンガンにつけたリビングは涼しくても、部屋を一歩出ればモワッと蒸し暑く、二階は居心地が悪いという経験はないでしょうか?

温度差が全く無い快適な家とは、冷暖房の力をほとんど借りずに、玄関であれ、お風呂場の脱衣所であれ、北側の部屋であれ、ロフトであれ、家の中の全ての場所が一定の温度と湿度に保たれた家です。

電気代を気にせず家中のエアコンや暖房を付けたとしても、熱の逃げてしまう家では家中を一定の温度と湿度に保つことはできないのです。

音に振り回されない暮らし

騒音によるストレスのない暮らし

快適な暮らしに欠かせないにもかかわらず、見過ごされがちなのが「防音性」です。

騒音によるストレスはあなどれません。家の外から、車やバイクのエンジン音、工事現場の音。就寝時だけではなく、昼間であっても一度気になりだすとイライラのもとになってしまいます。

また、防音性が高いということは自分たちが音を出しても外への音漏れを気にする必要がありません。楽器の演奏も、子どもの鳴き声も、隣近所に音が漏れることを気にする必要がありません。

防音性に優れた良い家は、私たちに落ち着きと安らぎを与えてくれるのです。

【防音対策】静かな家を建てるために知っておきたい騒音特性と遮音性能

長く暮らせる家の大切な条件の1つが、「静かである」ことです 静かな家では周囲のざわめきに邪魔されることなく、 家族の会話が自然に弾み、 趣味や好きなことに没頭でき、 ふぅ、と一息つける居心地の良さを感じられます 騒音に悩まされない快適な家を実現させましょう 住まい ...

暖かいぬくもりと
寝転がりたくなる触り心地

床材に使われている無垢材が持つぬくもりと滑らかな触り心地は、想像を超えて私たちを快適にします。

ぬくもりのある無垢の床

せっかくの木の感触を味わおうと、素足になると床の冷たさは不快感を生みます。温かい木の家では子どもが素足になりたがり、床の上でゴロゴロし始め、いつまでもお昼寝をして帰ろうとしません。

柔らかく適度にしなる床材は、足への衝撃を和らげる作用があり、快適さには欠かせないのです。冷気は重く下へおりるため床が冷えるのは仕方ないと諦める必要がありません。

「無垢フローリング」が持つ魅力と木へのこだわり【オークの床】

柔らかな踏み心地、足から伝わる優しい温もり 天然のアロマオイルとも言える木材の落ち着いた香り 無垢フローリングに触れると、多くの人がいつの間にか裸足になり、 寝転がってその感触を楽しむようになります 地球環境を大事にする人や、本物志向の人が増えてきている現在、 天然の木 ...

家づくりで最も
こだわってほしいのは「快適さ」

住宅は人生で最も長い時間を過ごす場所です。

夏は涼しく、冬は暖かい。どの部屋に行っても心地よい温度で、ジメジメも乾燥もしていない。喧騒を忘れ、落ち着ける静かさがある。裸足が気持ちよく、寝転がりたくなる床。

こうした決定的な違いが良い家にはあります。
良い家には快適な暮らしがあるのです。

ウェルネストホームが考えるよい家の条件

良い家は健康を守る

住まいと健康 「健康」という字は、「人」・「建物」・「康らか(やすらか)」という3つの言葉に分解できます。健康を保つためには、優れた家の存在が欠かせません。 しかし、時として家は健康を損なう原因にもなりえます。本来、人生の大半の時間を過ごす「家」が家族の健康を奪うもの ...

良い家は頑丈で長持ちする

異常なほど短命な日本の家 日本の住宅の寿命は約30年と言われています。 対して、アメリカは60年、ドイツは80年、イギリスは100年持続する家が一般的と言われており、 日本の住宅は諸外国に比べ異常なほど短命だというのが、残念な現実なのです。 対して良い家は ...

良い家はお金がかからない

住まいに関するお金いろいろ 住まいに関するお金というと、どうしても家の購入金額に目がいきがちです。「こっちの建売は坪◯◯万円」、「あっちの注文住宅は坪◯◯万円」といった坪単価の違いは多くの人にとって気になるところ。 ですが、家を購入する際には見落としがちなのが「住んで ...

良い家は美しい

ウェルネストホームが考える機能美の家 美しい家とは、有名デザイナーが手がけた独特の形態をした家でも、華美で高級感を感じる贅沢な家でもありません。合理的に説明のできない形態や華美な装飾の一切を取り除き、シンプルで一見特徴が無さそうに感じられる家こそ美しい家なのかもしれ ...

良い家は幸せな家族を育む

家づくりを考えるとは、家族を考えること 家は、家族が集まり、家族で過ごす時間が最も長い場所です。家が住む人の人生の幸福度に与える影響は大きく、「どんな家をつくるか」は「どんな家族をつくるか」を考えることです。 例えば、家族それぞれを個室にすれば家族の会話は減ります。逆 ...

contact
お問い合わせ / 資料請求

気になることはなんでもご質問ください。
納得いくまでお答えいたします。

24時間受付
お問い合わせフォーム

0120-146-991
水曜定休日