WELLNEST HOME

良い家は健康を守る

良い家づくりとは外から見えない
壁の中の材料にもこだわった家づくり
家が原因で病気になるなどあってはいけない
しかし、寒さや温度差、カビが原因で
健康が害されているという事実がある
例え、目に見えないところでも
手を抜かずに健康を守る

1

住まいと健康

「健康」という字は、「人」・「建物」・「康らか(やすらか)」という3つの言葉に分解できます。健康を保つためには、優れた家の存在が欠かせません。

しかし、時として家は健康を損なう原因にもなりえます。本来、人生の大半の時間を過ごす「家」が家族の健康を奪うものであってはいけません。

家が原因となる健康被害は「寒さ」や「温度差」を中心に、「乾燥」や「カビ・ダニ」、家づくりに使われる「化学物質(ハウスシックの原因)」、外気から侵入する「PM2.5」など多岐に渡って引き起こされます。

残念ながら、建築に関わる人間でもその全てを正しく説明できる人は非常に少ないのです

2

冷えは万病の元

昔から「冷えは万病の元」と言われるように、「冷え(体を冷やすこと)」により様々な病気を引き起こす可能性が高まります。

末端冷え性(手足の血流が滞り、手足の体温が下がる)に悩む女性は多いのではないでしょうか。これも家が寒いことが起因していることが多々あります。冷え性により、深部温度(内蔵などの身体の中の温度)の調整までうまくいかず、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりと、不眠を起こし、疲れを蓄積してしまいます。

寒い家では皮膚や肺の温度も低下するため、皮膚や呼吸器系の免疫力が低下する。この結果、皮膚アレルギーや気管支喘息などの呼吸器系疾患に悩まされる人は少なくありません。

また、寒さにより、こたつなど暖房器具の近くにずっといることで、運動不足の要因ともなり得ます。高齢者にとってはこの運動不足が筋力の低下を起こし、様々な病気や怪我の原因になりえるのです。

3

住宅で最も多い健康被害「ヒートショック」

家の中の温度差によって引き起こされる「ヒートショック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?家庭内で高齢者が死亡する原因の第1位が「ヒートショック」と言われています。

寒いお手洗いや、寒い脱衣所で、体が熱の放出を防ごうとして、熱が逃げる皮膚に近い血管を収縮させます。これにより体温を維持しようするのですが、血管が収縮するため血管にかかる力(血圧)が高まります。血圧が急激に上昇することで、脳卒中(脳の血管が破れたり、つまったりして起こる障害の総称)を起こすというのがまさにコレです。

また、冬の浴室で起こっている高齢者の溺死なども、ヒートショックが原因とされています。寒い脱衣所から一転して熱い風呂に浸かると、今度は全身の血管が一気に開きます。本来は血圧が下がりすぎないように心臓が調整するのですが、循環器系が弱っている高齢者はうまく出力が調整できずに、急激な血圧低下を引き起こします。

めまいや立ち眩みに近い状態が起き、ひどいと失神を起こします。最悪の場合はそのまま浴槽で溺死という結果になってしまうのです。浴室での溺死者は毎年4,000人以上いることが総務省の統計で分かっており、世界的にみて高齢者の溺死が多い国は他にはありません。

この悲しい現実は温度差のある家が引き起こしてしまっているのです。

4

結露(けつろ)がもたらすカビとダニのアレルギー

「結露(けつろ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?窓や窓サッシが曇ったり、水滴がついたりしているのが結露です。そして、結露は家の中に温度差あると起こるため壁の中でも起こり得ます。

「結露=カビが生える」と考えて窓であれば拭けば良いと考えるかもしれませんが、壁の中ではそういうわけにはいきません。目に見えない壁の中はカビでいっぱいかもしれません。

カビが発生するとカビを食べるダニが大量に発生してしまします。これらが原因となり、カビとダニによるアレルギー疾患が発症してしまうのです。

家が原因で起こるアレルギー疾患について詳しく知りたい方はコチラ(詳細ページリンク)

寒さにより免疫が低下し、室内温度差によりカビやダニの発生を促す。家が原因となり、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などが起こっているのです。

5

住宅が原因で起こる病気をゼロにするために

日本の家づくりに関する法律を見ていくと、家の温かさなどに関わる基準は極めて低く、結果として自由なデザイン設計は可能になった反面(温熱について考慮する必要がないため)、世界的に見て、圧倒的に寒い家が当たり前になってしまいました。それゆえに、世界的に住宅に関連する健康問題が多い国になってしまったのです。

住宅と健康に関する研究の第一人者である近畿大学の岩前篤教授によると、家の断熱性能(冬は暖かく、夏涼しくできるようにするため、家の熱を逃がさず、外から余計な熱を入れない性能)を高めることにより、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの症状が改善するといった調査結果を発表しています。

寒さや温度差、使用する材料や、大気汚染など、健康が侵される様々な原因に対して、丁寧に一つずつ解決し、健康が守られることが当たり前の家づくりが将来の常識になって欲しいと願っています。